【ぼくドラ】振り分けPのおすすめ

初心者を序盤で悩ませる振り分けについて。

振り分けPはどうやって手に入れて、
どう振り分けて行けばいいのでしょうか。

とても簡単です。

おすすめの振り分けPの使い方を見ていきましょう。

◆振り分けPの入手法

振り分けPの最も一般的な入手方法は
レベル上げです。

レベルが上がると3P入手できます。

序盤では振り分けPを得るため、
ひたすらスライムをペチペチしましょう!

最初はすぐにたまります。

レベル上げ以外に、レアメダル交換所で、
レアメダルでふりわけの実が交換出来ます。

レアメダル30枚で1ポイントです。
中盤以降は頻繁にお世話になります。

メインは上記の2つで、
振り分けPをためていきます。

ほかに竜王戦のイベントで
竜の鱗でも交換できたり、
課金ガチャのおまけとしてついて来たりします。

◆振り分けPのおすすめ

振り分けPは下記3つに振り分けられます。

①オーブコスト
②ドラゴンコスト
③スキルコスト

序盤は総戦力を人並みに上げることが重要です。

そのため、
オーブとドラゴンに振り分けます。

まずはオーブとドラゴンが
デッキ満員にセット出来るまで振り分けます。

持っているオーブやドラゴンが
少ない場合は入る分だけで結構です。

保有オーブやドラゴンが増えた段階で、
振り分けPを使ってください。

それ以降はスキルコストに降ります。
特に中盤以降はひたすら、
スキルコストを増やします。

ただ、重要なことは2つです。

・常に振り分けPには余裕をもたせておく
・自動振り分けは使わない

Sponsored Link

もっている振り分けPを全部使うと、
強いオーブやドラゴンを入手した際に
すぐにデッキに入れられないことになります。

そのため、振り分けPは2~5Pくらいは、
常に残しておくのが無難です。

すぐにふりわけの実と交換できるような
状態の際は残しておかなくても大丈夫です。

自動振り分けは機械的に振り分けされるので、
特に使う必要はありません。

過去は再振り分けはできなかったのですが、
今は再ふりわけの実が実装されて、
もう一度振り分けPを
振り直したい人にも親切な形になりました。

こんな記事も読まれています:

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL